Choosing Wiselyは身近なことから

Choosing Wiselyはもともと医師のプロフェッショナリズムを問い直すことから始まったキャンペーンです.医学の発展,予防・検査・治療の進歩が人々の健康や病気の治療に貢献してきたことは間違いありませんが,一方で「やりすぎ」と考えられるところもあります.薬ならポリファーマシー,検査ならエビデンスが確立されていない検診項目,さまざまなことが問題になっています.最近では薬剤耐性(AMR)という問題がありますが,これも抗菌薬を世界中の国で使いすぎてきたことから生じています.

本文

本文

本文

本文

本文

本文

本文

本文

本文

本文